外壁塗装・雨漏り修理を吉川市・三郷市・草加市でするならイケショウリフォームにお任せください

0120-572-210 年中無休 9:00〜18:00

お見積り・ご相談

オンライン見積もり

創業物語
創業物語
youtubeはこちら
column

外壁の塗り替え時期はいつ?劣化症状の見きわめ方

  • 外壁塗装
外壁の塗り替え時期はいつ?劣化症状の見きわめ方

外壁は紫外線や雨、ホコリなどにさらされて日々劣化が進んでいるもの。定期的な塗り替えやメンテナンスが必要です。

一般的には「外壁は10年ごとに塗り替えを」といわれていますが、具体的な時期はいつ頃なのでしょうか。

今回は、「外壁にこんな症状が見られたら塗り替えが必要!」という劣化症状について解説します。ぜひ、ご自宅の外壁をチェックしてみてください。

外壁の塗り替えはなぜ必要なの?

外壁の塗り替えはなぜ必要なの?

一般的には「外壁は10年ごとに塗り替えを」といわれています。たしかに10年くらい経つと外壁が汚れてくるため、外壁の塗り替えには「見た目を良くする」という意味もあるのですが、それだけではありません。

外壁の表面には塗装が施されており、「紫外線や雨風から外壁を守る」という重要な役割を果たしています。塗料は毎日、紫外線や雨、ホコリなどにさらされ、よく使われるシリコン系の塗料であれば耐用年数は約10年。だんだんと紫外線や水分から守る役割が果たせなくなってきます。
塗料による保護効果が薄くなると、外壁そのものが紫外線や雨の影響で劣化することに。壁がヒビ割れたり、雨水が壁の中に入ってきたりします。

ここまで劣化が進むと、外壁だけでなく、家を支えている柱などの構造部分もダメージを受ける恐れが。シロアリやカビの発生、地震による倒壊などに繋がるかもしれません。
こういったトラブルを避けるためには、定期的な塗装で建物をしっかり保護してあげることが大切です。

外壁の塗り替えが必要な劣化症状

外壁の塗り替えが必要な劣化症状

外壁塗装の目安は「10年ごと」ですが、もともと使われている外壁の素材や塗料によっても塗り替え時期は変わってきます。
ではどのように塗り替え時期を判断すれば良いのかというと、「外壁を目で見て手でさわって状態を確かめる」という方法があります。実際に家の外壁を見て、次のような劣化症状がないか確認してみてください。

色あせ

新築や再塗装したばかりの頃は、太陽の光にあたるときれいに発色し、艶のある状態です。そこからだんだんと艶が落ちていき、さらに色味が変わってくすんできます。
艶が落ちてきた段階では防水効果は保てていますが、色あせがみられたら「そろそろ塗り替えが必要」という合図。特に家の南側など日のあたりやすい場所は、色あせが起こりやすいのでよく見てみてください。

チョーキング

チョーキング

外壁チェックの際には、目視だけでなく外壁を手でさわってみてください。
そのときに手に白い粉がついたら要注意。「チョーキング現象」といって、塗料の中の成分が劣化して粉状になり表面に現れた状態です。防水性が低下しているので、早めに塗り替えましょう。

外壁の素材によっては、チョーキングが起きないものや、白ではない色の粉がつく場合も。よくわからないときには専門業者に確認してもらいましょう。また、雨が降ったあとなど、外壁が濡れたときに色が変わる場合も、防水性が低下している証拠です。

塗膜の剥がれ

塗膜の剥がれ

次に、外壁の隅々までよく見てみてください。ところどころ、塗膜が剥がれたり膨れたりしていませんか?これは塗膜の劣化がかなり進んでいる状態です。
塗装が剥がれて下地が見えている場合、そこから雨水が入って急激に劣化が進むことも。塗装部分が剥がれていたら、速やかに塗り替えをおこないましょう。

ヒビ割れ(クラック)

塗膜の剥がれ

外壁の表面や下地に「クラック」というヒビ割れを発見したら、一刻も早くメンテナンスを。ヒビ割れは見た目が悪いだけでなく、ヒビから壁の中に雨水が入るなどのトラブルに繋がります。
雨水が内部に入ると、壁の中が腐ったりカビたりすることも。早い段階であれば、ヒビ割れ部分の補修だけで済むこともあります。

サイディングの外壁はヒビ割れが起こりにくいですが、モルタル外壁ではよく見られる症状です。特に窓やドアなどの開口部の近くや、雨風を受けやすい場所はヒビ割れが起こりやすいので、よく確認してみてください。

シーリングの劣化

シーリングの劣化

外壁材のつなぎ目や、窓の周りなどにある、ゴムのような部分を「シーリング」や「コーキング」といいます。シーリングが傷んでいると、そこから雨水が侵入する恐れが。「増し打ち」「打ち替え」などで対策します。
外壁材とシーリング材との間に隙間ができたり、シーリング材に亀裂が入ったりしていないか確認してみてください。

外壁の劣化症状が気になったら「住宅診断」を

外壁の劣化症状が気になったら「住宅診断」を

家の外壁をチェックして、ヒビ割れや塗装の剥がれなどは見られましたか?
もし気になる症状が見られたら、外壁の状態をプロにチェックしてもらいましょう。外壁が劣化しているということは、見えない部分である屋根も劣化している可能性が高いです。

塗り替えが必要なのか、壁内部に雨水が侵入していないかなど詳しく見て、今の外壁の状態に合わせたメンテナンスが必要です。
早めに対処すれば工事費用も抑えられ、構造部分のダメージも防げます。定期的な塗り替えで、大切な家を守りましょう。

おすすめ情報

創業物語
創業物語